ULGO Car Detailing

新次元のガラスコーティング、それがULGO Car Detailingです。

ULGO Car Detailing〜ウルゴ・カーディテイリング ウルゴ・カーディテイリングとは ガラスコーティングと長年取り組んできたプロフェッショナルな職人がその蓄積されたデータをもとに化学メーカーと共同で開発された、新次元のガラスカーコーティングです。 このコンセプトに基づき、ボディはもちろん、ホイールからインテリアまで隙なく美しさを追求しています。

CAR COATING AP-1

撥水タイプガラスコーティング Wレイヤー(2層)式 撥水タイプ・ボディーコーティング、AP-1のご紹介です。
高濃度のガラス成分を持ち、膜厚感のある重厚な仕上がりです。
1層目となるベースレイヤーは優れた強靱性を持つコーティング層、2層目のトップレイヤーは美しい艶と撥水性能をもつコーティング層と異なる効果を持つ2層のコーティングの 皮膜を強力に結合させるガラスコーティングの開発に成功しました。
2層のレイヤーを持つことでコーティングの本領を余すことなく発揮できる、撥水タイプボディガラスコーティングです。
Base Layer(下層) 柔軟性と硬度バランスをどこまでも追求した高い「耐クラック性」 分子サイズが小さいので塗装面との結合が強固になり、長期間にわたりコーティング性能が持続します。 有機質物質と結合しにくいのでピッチやタール等の油分、虫や鳥糞・手垢・チリ・ホコリ等が付着しにくくなります。 無機質ガラス皮膜と有機官能基側鎖構造なので、酸による腐食やウォータースポット・イオンデポジットなどが固着しにくくなります。
Top Layer(上層) 3次元分子ガラス骨格・メチル基分子配向撥水。 無機ガラス骨格が高品位な光沢を長期間持続させます。 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ないです。

CAR COATING AP-II

疎水タイプガラスコーティング 艶のある美しい、しっとりとした光沢を実現できるWレイヤータイプ・疎水ボディーコーティング。ウォータースポットなどの固着を低減します。
Wレイヤー(2層)構造により、硬化後の皮膜面に疎水基が配向されます。
表面自由エネルギー(表面張力)を小さくさせることで高い疎水性能を生み出します。
Base Layer(下層)疎水基配向による「疎水性の実現」 ガラス成分と親水化オリゴマーとの高混和性により、長期間にわたって疎水性が持続可能です。
疎水性能によりコーティング表面の水の凝集が起こりにくくなるので、ウォータースポット(イオンデポジット)の原因となる汚れ成分の濃縮も抑えられます。
コーティング皮膜の平滑化に優れるため、皮膜による光の乱反射を防ぎ、その結果濡れたようなしっとりとした光沢が出現します。
Top Layer(上層) 3次元ガラス骨格構造レジンを高濃度配合のため親水性防汚・高耐久パフォーマンスに優れます。 紫外線・熱劣化、酸化、変質が非常に少ないです。 汚れやホコリが付きにくく・ふき取りも簡単なため、美しい光沢と親水性が長続きします。

【ULGO Car Detailing〜ウルゴ・カーディテイリング】への想い

20年以上のカーディテイリング/ガラスコーティングの経験より、沢山のユーザー様、お車との出会いがありました。
その都度、ユーザー様からの貴重なご意見もお聞きしてまいりました。そのお言葉の中からお車に対して「こんなコーティングが実現したら・・・」という夢が現実になったのが
【ULGO Car Detailing〜ウルゴ・カーディテイリング】ガラスコーティングです。
貴重な体験の積み重ねにより形となった
【ULGO Car Detailing〜ウルゴ・カーディテイリング】ガラスコーティングの性能を、是非あなたの愛車でお試しください。

PAGE TOP